« ダンピング抵抗について | トップページ | 実験方法について »

2.5インチIDE延長ケーブル

Compaq Presario 3ST220をまだメインPCとして使用しているのですが、SSDを3.5インチIDEに変換してこのメインPCに搭載してみるとあっさりとBIOS認識されてました。IDEケーブルで長くすればよいのか?と2.5インチIDE延長ケーブルなるものを捜してみましたが、ほとんど売っていません。(1社あり) まずは自作してみました。Dscf0102長さは、50cm位あります。
これを用いて接続してみると、3台すべてのレッツノートで認識。これだ!と思って次は、約20cmで片方は圧着端子で作りました。もし作る人がいたら注意しておきます。片方の端子は2本ごとにクロスして接続する必要があります。

Dscf0103結果はCF-R1PCAXS以外余り効果はありませんでした。ケーブルを畳まないで伸ばすと認識したりします。もし、これを使う場合はSSDの筐体を取り外し、裸で搭載することになります(ちょうどマウンタに収まる)。レッツノートの軽量化には効果ありですが。これも失敗作です。

|

« ダンピング抵抗について | トップページ | 実験方法について »

SSDの認識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/44204253

この記事へのトラックバック一覧です: 2.5インチIDE延長ケーブル:

« ダンピング抵抗について | トップページ | 実験方法について »