« BIOS認識レベルについて | トップページ | 2.5インチIDE延長ケーブル »

ダンピング抵抗について

Dscf0105_2SSD側の基板には、データ線間にネットワーク抵抗RN1からRN4があり、33オームのダンピング抵抗が挿入されています。もし、データ信号が暴れているとしたならば、抵抗値を変えてみたらよいのでは?と思い、44ピンのピンヘッダとホルダを買って、その間にチップ抵抗を入れてみました。(50Ωと100Ω)どちらもBIOS認識には余り変化は感じられませんでした。ここで得られたことは、PIN1,3,5,7,9,11,13,15,17側を手で触ると認識し、PIN2,4,6,8,10,12,14,16,18側を触っても認識しないということです。

|

« BIOS認識レベルについて | トップページ | 2.5インチIDE延長ケーブル »

SSDの認識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/44199286

この記事へのトラックバック一覧です: ダンピング抵抗について:

« BIOS認識レベルについて | トップページ | 2.5インチIDE延長ケーブル »