« 配線その2 | トップページ | 本当にオープンコレクタか? »

1PIN折について

1PIN折については、ダンピング抵抗治具により効果があることは実験済みでありましたが、ハードウエアリセットがかからなくなるという影響があるため、皆さんにはまずビニールコード線の実験をしていただきました。
問題が起こらなければハードウエアリセット信号は必要ないかも知れませんが、Windowsに重大な障害があった場合などの自動再起動などが出来ないと思われます。(終了メニューの再起動でもSSDを認識しなくなるので1PIN折は絶対しないでください。)

JM20330のDataSheetは以下のサイトからDLできます。

http://www.mcuol.com/download/upfile/20080424025139_JM20330_Spec_Rev.%202.3.pdf

JM20330は、電源ONでリセットをかけるPORn(17PIN)とレッツノートからリセットをかけるHardware Reset
(16PIN)があります。POR回路はRC(抵抗R30、コンデンサC63)でSSD側基板にあります。

|

« 配線その2 | トップページ | 本当にオープンコレクタか? »

SSDの認識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/44223411

この記事へのトラックバック一覧です: 1PIN折について:

« 配線その2 | トップページ | 本当にオープンコレクタか? »