« 約50cmのビニールコードと半田ごてを準備 | トップページ | 配線その2 »

配線その1

Dscf0076

SSDに接続します。
SSDをセットしたら、電源をONしてBIOS認識されていることを確認します。ビニールコードの反対側はなるべく筐体外に出しておきます。電源ONからコードは手で触れないようにしてください。(手でコードを触れるとBIOS認識は高まりますが、コードを筐体内にしまいたいので触れません)
この段階でWINDOWSを立ち上げ、スタンバイを実行します。スタンバイがOKであれば配線をPCカードの下をくくらせます。

Dscf0072_2

ヒンジの下を通って右サイドへと通します。

Dscf0073

この状態で再度スタンバイを実行します。ここでスタンバイから復帰できることを確認します。

|

« 約50cmのビニールコードと半田ごてを準備 | トップページ | 配線その2 »

SSDの認識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/44215632

この記事へのトラックバック一覧です: 配線その1:

« 約50cmのビニールコードと半田ごてを準備 | トップページ | 配線その2 »