« 2.5インチIDE延長ケーブル | トップページ | 約50cmのビニールコードと半田ごてを準備 »

実験方法について

 2/25に実験募集をして何人かの方々に実験をしていただきました。実験に参加して頂きました方々には深くお礼を申し上げます。結果は誰にもOKということではありませんでしたが、不安定ながらBIOS認識はほとんどの皆様ができたようです。かなりBIOSの認識レベルは各々のレッツノートで違うことがわかりました。

皆さんに実験していただいたPIN1へのケーブルコードの接続はkakaku.comのクチコミで紹介されてしまったため、実験参加の募集は、今日で締め切らせていただきます。

http://bbs.kakaku.com/bbs/05370110098/BBSTabNo=1/CategoryCD=0537/ItemCD=053701/MakerCD=238/Page=1/?ViewLimit=0&SortRule=1#9079221

その代わり、実験方法について、今日からブログにアップしていきます。完璧ではありませんが、製品によっては完全認識するもののあると思いますので、とりあえず認識しないトランセンドSSDを使用してみたい方は実験してみてください。当方のCF-R2CW1AXPはこれで認識しています。(スタンバイOK)

|

« 2.5インチIDE延長ケーブル | トップページ | 約50cmのビニールコードと半田ごてを準備 »

SSDの認識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/44214300

この記事へのトラックバック一覧です: 実験方法について:

« 2.5インチIDE延長ケーブル | トップページ | 約50cmのビニールコードと半田ごてを準備 »