« HDD MK4025GASL のRESET入力回路 | トップページ | GH-SSD32GP-2MのR/W速度は? »

グリーンハウスSSD GH-SSD32GP-2Mの入力抵抗

 グリーンハウスのSSDをいじる機会がちょうどあったので、 GH-SSD32GP-2Mの1番ピン(RESET)と42番ピン(Vcc)の間の入力抵抗を測ってみました。するとどうでしょう?10MΩ以上の値でした。
次に、1番ピンとグランドの入力抵抗も10MΩ以上の値でした。特にプルアップ抵抗は無い様です。
でも、レッツノートではちゃんとBIOS認識しました。そしてXPも起動しました。今までの議論は、プルアップ抵抗だけの問題だったのでしょうか?と疑いたくなりました。 PhotoFastのSSDはRESETの入力抵抗はどうなんでしょうね。もし持っているかたがありましたら、コメントにて報告していただけると嬉しいです。

でも、GH-SSD32GP-2Mは遅いです。換装向きではありませんね。

|

« HDD MK4025GASL のRESET入力回路 | トップページ | GH-SSD32GP-2MのR/W速度は? »

SSDの認識」カテゴリの記事

コメント

リカルデント本家さん、こんにちは。リカルデント本家さんが、1番ピンのノイズでリセットがかかる事を一番最初に気づいたのに、価格com掲示板では、ちょっと残念な展開となってしまいましたね。リカルデント本家さんと漫談王さんのお二人で問題を追いつめていたのに、最後は違う方が成果を持っていった形になりました。でも、結局IDEブリッジチップJM20330の問題ではなく、IDEインターフェースの1番ピン:RESET-を、ホスト側がオープンドレイン(オープンコレクタ)形式で駆動することがある、というノートPCメーカの使用方法を把握していないSSDメーカーの問題と言うことがはっきりしてきました。
 ところで、GH-SSD32GP-2Mの1番ピン(RESET)と42番ピン(Vcc)の間のプルアップ抵抗がない件ですが、私がSSDの設計者であれば、JM20330の3.3V電源がきているVCCO(4pin, 44pin)に接続します。GH-SSD32GP-2MがJM20330を使っているかどうか不明ですが、この場合、3.3Vリニアレギュレータが間に入るので、テスターで測っても、抵抗がないように見えるのかもしれません。

投稿: レッツラーって死語? | 2009年3月 8日 (日) 11時57分

レッツラーって死語?さんコメント有難うございました。こんなに早く、IDE接続のトランセンドSSDがレッツノートで使えるようになって本当によかったと思っています。文句を言いながらも全部換装していまい、3つもトランセンドからSSDを買ってしましました。(笑)
現在快適でプチフリとかも感じられません。一台は起動時に、HDDの時は全く気づかなかった、液晶インバータの音すら聞こえることもあり、静音と速さに満足しています。(デスクトップがうるさくて使えなくなりました。)
トランセンドには、今回の対策について報告していますので、次期SSDには反映してくれるかもしれませんね。

ところで、GH-SSD32GP-2MはLet's Noteテンプレの情報によると、PHISON PS3006を使用しているようです。これはEeePC等のSSDで使われているコントローラのようです。今日あたりにCrystal Disk Markの結果を書くつもりですが、高速USBメモリ程度の値でした。ケースはプラスティックで相当軽いです。

投稿: 管理者です。 | 2009年3月 8日 (日) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/44274864

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンハウスSSD GH-SSD32GP-2Mの入力抵抗:

« HDD MK4025GASL のRESET入力回路 | トップページ | GH-SSD32GP-2MのR/W速度は? »