« GH-SSD32GP-2MのR/W速度は? | トップページ | DMAモード »

Transcendと中身が同じSSDについて

今回紹介した抵抗(5KΩから10KΩ)半田付け方法でレッツノートのBIOS認識ができるIDE接続のSSDをご紹介しておきます。
中身は、Transcendと同じです。(もしかすると細かな違いはあるかも知れませんが、プリント基板、使用ICは同じです。)

Transcend TS32GSSD25-M, TS64GGSSD25-M,TS128GSSD25-Mは、

OCZ OCZSSDPATA1-32G, OCZSSDPATA1-64G, OCZSSDPATA1-128G に対応。

CFD CSSD-PM32NT, CSSD-PM64NT に対応します。

尚、Transcendの32GB、64GBは、当方でBIOS認識の確認していますが、128GBやその他のSSDは実験していませんので自己責任でお願いいたします。また128GBについても実験した方がいらっしゃいましたらコメント等でお知らせくだされば幸いです。

|

« GH-SSD32GP-2MのR/W速度は? | トップページ | DMAモード »

SSDの認識」カテゴリの記事

コメント

 大変に有意なブログを立ち上げてください。感謝感謝です。
おかげさまで、トランセンド32G=R4、OCZ32G=R3で認識し、動き出しました。

ただ1点、トランセンド32G=R4の場合、再起動だとSSDの認識ができません。
一度電源を切ってから、起動するとうまく認識し、OSも動き出します。

この点の原因、解決の方法やヒントなどあるでしょうか?

投稿: チームバチスタ | 2009年3月13日 (金) 17時12分

チームバチスタさん、コメント有難うございます。

>ただ1点、トランセンド32G=R4の場合、再起動だとSSDの認識ができません。
>一度電源を切ってから、起動するとうまく認識し、OSも動き出します。

R4は持っていないのですが、
症状からいって R4からのリセット信号がSSD側に伝わっていないと思われます。
1ピン折(RESET信号ピンをSSDと繋がない)の症状です。
SSD側でパワーオンリセットはかかるけれど、再起動ではレッツノートからリセット信号が来ないという感じです。

42ピンと1ピンの間は何KΩの抵抗を入れているでしょうか?
また、1ピンの電圧は何Vになっているでしょうか?
ちゃんとプルアップされているのなら通常は5V近辺になります。
この値が2V位かそれ以下だとプルアップがされていないので接続を確かめる必要があると思います。

投稿: 管理者です。 | 2009年3月13日 (金) 18時10分

管理者様

早速の反応、ありがとうございます。

1ピンの電圧ははかっておりませんが、1ピンと42ピンの間は、9KΩです。

もう少し下げてみた方がよいでしょうか・・・・

ちなみに、R3=OCZの方は、同じ抵抗をいれて、再起動でも問題なしです。

投稿: チームバチスタ | 2009年3月15日 (日) 00時42分

管理者です。
>1ピンの電圧ははかっておりませんが、1ピンと42ピンの間は、9KΩです。

抵抗値についてはたぶん問題ないと思います。

1ピンの電圧はかかっていないとのことですが、テスタで測って2ピン(GND)と1ピンの間の電圧が0Vということでしょうか?
R4からハードウエアリセットがかかるためには、通常時でHIGH(5V)でなければいけません。
再起動する時(ハードウエアリセットする時)に、ある一定時間(おそらく1ms程度)HIGHからLOW(約0V近辺)にならないとリセットがかかりません。
通常時に1ピンが2.5V以下であれば、再起動でリセットをかけても、SSD側ではずっとLOWと判断されてしまいます。、
レッツノート側ではSSDが反応しないので、SSDがないと思ってしまうのです。よってこの電圧が重要なのです。

①42ピンがVCC=5Vになっていることを確認してください。抵抗がきちんと接続されていれば、1ピンは5Vになるはずです。
最初はSSDを接続せず、HDDコネクタの半田がついているところで測ってみてください。
②同様にSSDをコネクタにつないで測定してみてください。
 GNDピンは2ピンのほかに43ピンもGNDですので、VCCを測るときには、43ピンと42ピンの間の電圧でもOKです。

もし、1ピンが5Vになっていて、再起動時にBIOS認識しないのなら、レッツノート側のトランジスタが壊れている可能性があるので
その場合は、HDDに戻してみてください。問題がなければ、トランジスタは壊れていません。

文面からは42ピンの半田接続が不良のような印象を受けますので、電圧をお知らせくだされば幸いです。もう一度抵抗を付け直すのも良いかもしれませんね。


投稿: 管理者です。 | 2009年3月15日 (日) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/44312910

この記事へのトラックバック一覧です: Transcendと中身が同じSSDについて:

« GH-SSD32GP-2MのR/W速度は? | トップページ | DMAモード »