« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

Software distribution service 3.0とは?

 Software distribution service 3.0という復元ポイントが怪しいのですが、更新を無効にしない限りPC内に潜んでいるがごとく、終了オプションで更新マークが表示され再インストールされてしまいます。
(Software distribution service 3.0の復元ポイントは4月/17日)

Software distribution service 3.0を検索すると過去にもいろいろ不具合がでていますね。SSDにとってはアップデートでOSに書込みされるのはなるべくない方がよいと思われますし、何のアップデートがされているかわからないのが非常に気持ち悪いです。

スタンバイ復帰が解決できた方法は、一応Software distribution service 3.0の復元ポイントより前の4月16日に復元した後に、電源のオプションのプロパティの電源設定で常にオンを選択しました。

今までは常にオン以外でスタンバイ復帰ができていたはずですが、不思議な現象です。
日立のFLORAのサイトで省電力機能をOFFするとスタンバイ復帰ができるというような記述からやってみたら
復帰ができました。電源設定を常にオンにしてあれば、Windows UpdateをしてもOKなのでなんともスッキリしません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Windows UpdateはSSDには鬼門か?

久々の投稿です。トランセンドSSDの認識から40日すぎ、かなり負荷をかけて使用してきたのですが、昨日まで特に大きな問題はありませんでした。
読出し書込み速度もほとんど変わっておらず安心していたところ、急にスタンバイができなくなりました。(CF-R1)
Windows UpdateはONにして使用していたのですが、最近Microsoftから8件程度の更新プログラムがDLされた後、インテルProset/Wirelessがタスクバーに常駐しなくなる現象と、スタンバイが復帰しなくなるという現象に見舞われました。4月/3日まで復元するとスタンバイの復帰ができるようになりましたが、そのまま、また更新プログラムが自動的にDLされ、スタンバイ復帰の音が出なくなり、更に追加の更新プログラム2件によって、また復帰ができなくなりました。(なぜかインテルProset/Wirelessは正常)。この後、再度4月/3日まで復元をしてもスタンバイの復帰ができす、ブラックスクリーンのままで途方にくれていました。復元を5回位したので書込み速度低下が生じました。

 Windows Updateのせいか?気温が暑くなったのでBIOS認識が悪くなったのか?切り分けできないのですが、
なんとかスタンバイ復帰ができるようになりました。その方法は次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暫定的にSDメモリカードを使用するには

Sd3CF-R2(おそらくR3でもOK)で暫定的にSDカードを使用できる方法が見つかりました。それは、まず、パナソニックのドライバではなく、VictorのV1.0.0.9_logoというドライバを使用します。これをBase System Deviceのドライバとして読み込ませます。XPであればちゃんと動きます。Windows7ではドライブ表示だけで、ドライブの使用状況のバーも表示せず、ダブルクリックするとアクセス拒否となります。(左図)
Sd5しかし、セーフモードで起動するとどうでしょう?ちゃんとSDカードの使用状況のバーも表示され、使用できます。(右図) 
前回のべたように、SDドライブ変更ツールでGドライブに変更もできています。Windows7では、セーフモードでもスクリーン解像度を1024×768にできるので、かなり違和感なく使用できます。セーフモード(ネットワーク)でもOKですので単純なコピー、保存であれば問題ないでしょう。
アクセス権の問題で使用不可になっていると思われますが、セーフモードでもアクセス権の追加、変更は拒否されてできません。Vistaでもセーフモードで使用可能です。 なお、PC情報ビューアもセーフモードだとブルースクリーンにならず動きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに、無線切替ユーティリティも動作、いい感じです。

Dscf0139Vistaへのアップグレード時にアンインストールするように警告がでたのは、フラットパッドとPC情報ビューアでしたのでこれはアンインストールしました。そしてグレードアップしたことでさらに動くものがわかりました。無線切替ユーティリティは問題なく動作。ネットセレクタはセレクトできず、いまいち。PC情報ビューアは(再インストール)ブルースクリーンになりがち。といったところです。なにより無線LANのON/OFFが簡単にできるようになったのは便利です。
それとSDドライブ名変更はOK(詳しくは次回)、SDカード設定も動作しそうです。(設定したくないので未確認)SDドライブも条件付きで使用可能となり、かなり満足です。VistaだけでなくWindows7でも上記のことは確認しました。
Windows7ではXPの無線切替ユーティリティをインストール。SDドライブ名変更はXP互換モードでインストールするとよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CF-R2にXPからのアップグレードでVISTAをインストール

Dscf0141アップグレードインストールをWindows7で試みたのですが、OSの言語の違いとXPからは直接できないようなメッセージが出たのであきらめました。なぜ、アップグレードインストールをしたいかというと、アップグレードインストールではビデオドライバが正常に読み込まれ、スリープが可能になるのでは?と思ったからです。仕方がないので、Vistaにアップグレードしてみました。警告がでたもの以外はわざとアンインストールせず、アップグレードしました。ディスプレイアダプタに関して言えば、予想通り、スリープOKで、標準VGAではなくIntel 82852/82855 GM/GME Graphics Controller(Microsoft Corporation-XDDM)がデバイスマネージャで表示され、プログラムと機能では、Intel Extreme Graphics 2 Driverが表示されています。このことから、Window7でもアップグレードインストールすればスリープが可能となると思います。なお、XPで最新のビデオドライバをいれてからアップグレードしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »