« Windows UpdateはSSDには鬼門か? | トップページ | CF-R2+Vista Business+SSD »

Software distribution service 3.0とは?

 Software distribution service 3.0という復元ポイントが怪しいのですが、更新を無効にしない限りPC内に潜んでいるがごとく、終了オプションで更新マークが表示され再インストールされてしまいます。
(Software distribution service 3.0の復元ポイントは4月/17日)

Software distribution service 3.0を検索すると過去にもいろいろ不具合がでていますね。SSDにとってはアップデートでOSに書込みされるのはなるべくない方がよいと思われますし、何のアップデートがされているかわからないのが非常に気持ち悪いです。

スタンバイ復帰が解決できた方法は、一応Software distribution service 3.0の復元ポイントより前の4月16日に復元した後に、電源のオプションのプロパティの電源設定で常にオンを選択しました。

今までは常にオン以外でスタンバイ復帰ができていたはずですが、不思議な現象です。
日立のFLORAのサイトで省電力機能をOFFするとスタンバイ復帰ができるというような記述からやってみたら
復帰ができました。電源設定を常にオンにしてあれば、Windows UpdateをしてもOKなのでなんともスッキリしません。

|

« Windows UpdateはSSDには鬼門か? | トップページ | CF-R2+Vista Business+SSD »

SSDの認識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/44727619

この記事へのトラックバック一覧です: Software distribution service 3.0とは?:

» qttask.exeとの闘い。 [パソコントラブル出張修理・サポート日記]
こちらは「インターネットにつながらないんです」というお客様。 パソコンはWind [続きを読む]

受信: 2009年5月11日 (月) 09時53分

« Windows UpdateはSSDには鬼門か? | トップページ | CF-R2+Vista Business+SSD »