« CF-R2にWindows7 Proをインストール | トップページ | CF-W4H Windows7へアップグレードの注意点 »

GEFORCE FX5200の7ドライバはWindows updateから

Windows7の推奨条件以下の超低スペックPC?コンパックPresario 3500シリーズ(3ST220)でGEFORCE6200を使用していることを書きましたが、Vistaでは使用可能だったGEFORCE FX5200がインストール時にWindows7では使用できなかったことと、Nvidiaのサイトでも7用のドライバはなかったのであきらめていたのですが、ひょんなことからFX5200のグラボ(GFX5200-P128 玄人志向)を差してみると、Windows updateで、いの一番にドライバがダウンロードされました。MSに見捨てられたと思っていたのですが見捨てられずに良かったです。Pen3+Intel810Eのような低スペックPCでは、Vistaよりさらに7の方がグラボの相性が厳しい感じで、エクスぺリエンスインデックスはCPU(1GHz)1.9から1.4に低下、AERO2.9から2.3へ低下、ゲーム用も2.6から2,3へ低下しました。さらに6200ではエクスペリエンスインデックスの評価が最大解像度ではタイムアウトし、測定できなかったり、解像度を下げても5200より値が悪い結果になりました。FX5200が使用可能となったので熱暴走する6200のボードはとりあえずお蔵入りとなりました。グラボ使用では、XPで使用可能だった休止状態がはなぜかVista以降使用できないのは、起動に時間がかかるためつらい所ですが、この低スペックPCをまだしばらくは使いつづけるつもりです。
完全な休眠ブログですが、もしPresario 3500シリーズを改造してVistaや7を使いたい人がいたら以下のアドレスをクリックしてみてください。

COMPAQ 3ST220の改造

なお、CF-R2にインストールした7のエクスペリエンスインデックスのCPU(1GHz)値は1.9でVistaの時2.4から低下しました。その他はほとんど同じでした。同じCPU速度でも、CF-R2は本当に速く、3ST220は本当に遅いです。3ST220もSSD化したいところで、現在実験中ではありますが、CF-R2のようには速くならないようです。やはりメモリの差ですね。

|

« CF-R2にWindows7 Proをインストール | トップページ | CF-W4H Windows7へアップグレードの注意点 »

Windows7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534914/46714997

この記事へのトラックバック一覧です: GEFORCE FX5200の7ドライバはWindows updateから:

« CF-R2にWindows7 Proをインストール | トップページ | CF-W4H Windows7へアップグレードの注意点 »